スカート 歴史 魅力

はじめに

女性の方なら、普段スカートを履くと思います。このスカートについて考えたことはありますか?
スカートって一般的には女性が履くものという認識がありますがそれは何故なのでしょうか。
などなど、、スカートに関しての情報をまとめてみましたので参考にしてみてください。

スカートの歴史

スカートの始まりっていつだかご存知ですか?
スカートは、長い歴史を持っています。スカートが誕生したのは、古代文明のエジプトからだといわれています。
最初は、飾りも何もなく、布を巻くだけのものでロインクロスと呼ばれていました。

 

その後、中世になってからファッションのひとつのアイテムとしてスカートが認識されるようになり、色々なフレアスカートや、ギャザースカートなどが出てきました。
その後、膨らんだスカートのドレスなどが定着し、スカートをどれだけ膨らませるか、なんてことを試行錯誤していたそうです。。。笑

 

日本にスカートが定着したのは、明治時代です。
その後、色々な種類や形など進化し、今私達が履いているスカートになりました。

時代によって変化

スカートは時代によって変化してきました。

 

1820年代 エンパイアスタイル

 

1840年代 ベル型

 

1860年代 クリノリン

 

1870年代 バッスル

 

1900年代 S字型シルエット

 

1914年 ホッブルスカート

今のスカートの種類

今、スカートといっても形や長さなどは様々でたくさんの種類のスカートがあります。

 

タイトスカート

 

ギャザースカート

 

フレアスカート

 

プリーツスカート

 

ラップアラウンドスカート

 

ディバイデットスカート

 

ジャンパースカート

 

他にもたくさんのシ種類がありますので、是非参考にしてみてくだいさいね。